腰01

原因

腰痛の原因は疾患と症状に分かれます。疾患は15%、症状は85%を占めると言われています。

疾患—腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症、分離症、坐骨神経痛、    側弯症、などが有ります。

症状—立ち上がる時、前屈の時、後屈の時、中腰の時、歩く時、起き上がる時、常に痛いなどが有ります。

疾患での痛みの場合は病院での検査が大事ですし、神経麻痺、尿障害が見受けられる場合は病院での治療となります。ただ疾患の診断がされても他の原因で

痛みが出る事が多くありますし、全然症状が出ていない人でも疾患の診断が出る場合があると発表があっています。

対応

腰の痛みの症状が出ている場合、どこが原因で痛みが出ているのかを検査する必要が有ります。

腰回りの筋肉、お腹の中の大腰筋、腸骨筋、背中の腰方形筋、お尻の殿筋、大腿骨の大腿筋膜張筋などを調べていきます。腰の上の方から引っ張っている可

能性がりますので背中の広背筋、僧帽筋、頭蓋などをチェックします。

腰の下から引っ張っている場合も考えられますので腓腹筋、ハムストリング、内転筋などを検査していきます。

一番効果が出た筋肉を弛緩していきます。弛緩できれば、症状の痛みは

無くなるか、大きく軽減します。

また関節を施術することによって痛みを取ることも出来ます。

 腰04

筋肉の弛緩の仕方

上記の原因となる筋肉が検査により特定できたなら、次にその筋肉の弛緩の方法ですが、直接その筋肉をマッサージなどで弛緩してもいいのですが、なかな

か緩みませんので、その筋肉の関連筋肉を使って緩めます。関連筋肉は膜のラインが有りますので、その中から選んでマッサージすると、原因の筋肉が弛緩します。

膜のラインの種類

筋膜1 フロントライン(浅前線)

頭皮筋膜→胸鎖乳突筋→胸骨筋

腹直筋→大腿四頭筋

前脛骨筋→長趾伸筋

短指伸筋

それぞれラインが有ります。

バックライン(浅後線)、

ラテラルライン(外側線)、

スパイラルライン(ラセン線)、

アームライン(浅前腕線)など

骨格の関節から痛みを取る場合

s1IMG

骨格には多くの関節があります。その近くで痛みが生じた場合関節を施術することによって痛みを取ることが出来ます。関節の噛み合わせ、位置、可動域を

調べて、正しい位置に戻すことによって、痛みが減少します。

悩み7

矢印

pr3 pr1pr7