下痢いた

 

糖は通常、小腸で分解、吸収されます。しかし小腸で分解、

吸収されにくい糖の仲間がいます。こうした糖を多く摂取

 

すると、もともとお腹が弱い方の中には、糖が吸収されず

そのままの状態で大腸にまで到達してしまう場合が有ります。

 

オーストラリアの医師、ピーターギプソン博士は、大腸が水

を出してしまう糖を含んだ食品のリストを作り、それを避け

 

ることで下痢の症状を緩和させる食事療法を開発しました。

 

●月3階以上、原因のわからない下痢をする人

●医師から下痢型の過敏性腸症候群と診断を受けている人

 

などは、下記の食品の摂取を見直すことで症状がかんわすると

指摘しています。

 

1)乳糖を含んだ食品

牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品

 

2)果糖や、糖が集まってできた甘い物質

マンゴー、梨、洋梨、リンゴ、ブドウ、サクラ

ンボ、桃。スイカなど蜂蜜、人口甘味料を含んだ

おかし など

 

3)フルクタンの仲間

小麦など麦の仲間

ネギ、タマネギ、ニンニク、ブロックリー、マッシュ

ルーム、アスパラガス、大分 なそ

 

ぎプソン博士のおすすめの食材はギプソン博士は白米や

醤油など大豆を加工した食品は下痢を誘発しにくいとして

推奨しておられます。

 

 

(*個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません)

=======================
マッサージのプロも通う【からだ回復クラブ久留米 秀徳整体】
福岡県久留米市長門石2-11-34
電話 0942-32-2870
西鉄バス停長門石団地入口より歩いて3分です。
「ホームぺージを見て・・・」とお電話ください。
======================