入浴4

暑いお風呂が好きな人が風呂に入ると、ホルモノ

(βエンドルフィン)が分泌されます。このホルモンは

 

苦しいことを快楽に感じさせてしまいます。例えばラン

ナーズハイなどもそうです。38°Cのぬるめのお風呂に

 

入ると、血圧が下がり始めます。42°Cの熱めのお風呂

に入ると、血圧が急上昇し始め、少し経つと38°Cの時

 

と同じ血圧まで急降下します。びっくりした時の血管の

収縮する状況と同じでこのため、42℃の熱めの温度の

 

お風呂での死亡が多いのはこのためです。38℃も42℃

も最終到達血圧の数値はほぼ同じですが、38℃は血圧は

 

およそ1分ぐらいで下げ止まります。42℃は上昇下あと

下がり始めた血圧は8分ぐらい経過して低下していきます。

 

 

血圧が異常なほど低下すると、意識障害を起こしてしまう

ことがあり危険です。予防方法としては飲酒、食事後すぐの

 

入浴は避けましょう。湯船からはゆっくり立ち上がりましょう。

油温は40℃が目安です。なるべく温度計を使いましょう。

 

 

=======================

マッサージのプロも通う【からだ回復クラブ久留米 秀徳整体】

福岡県久留米市長門石2-11-34

電話 0942-32-2870

西鉄バス停長門石団地入口より歩いて3分です。

「ホームぺージを見て・・・」とお電話ください。

=====================