のど1

 

声が出ている時2枚の声帯が震えて、その振動音が

鼻や口に響いて、声になっています。力を入れると、

 

声帯はギュッと締まります。声帯は加齢によって

痩せて隙間ができてしまいます。ピッタリ閉じてい

 

る状態でも、隙間が僅かに出来ていまい、空気が

余計に出て行ってしまうので、若い時にように

 

息が続かないようになります。喉には2つの弁が

あって、食べ物や飲み物が肺に入るのを防いでいます。

 

そのうちの一つが声帯です。第一の弁をすり抜けた

異物を止める役目もしています。声帯に隙間があると、

 

異物が肺や気管支まで異物が入ってしまいます。

衰えた声帯は完全に元に戻すことは難しいですが、

 

周りの筋肉を鍛える事によって、隙間を小さくする

ことができます。鍛え方は椅子に座り両手を椅子の

 

両脇をつかみ、前後に力を入れながら1,2,3と声

を出しながら、数えていきます。力を入れ、声帯をと

 

じながら声を出してください。朝晩2回、10まで数

えて、2セット行ってください。立ってする場合は手

 

のひらを胸の前で合わせ、力を入れるとき、数えます。

 

 

=======================

マッサージのプロも通う【からだ回復クラブ久留米 秀徳整体】

福岡県久留米市長門石2-11-34

電話 0942-32-2870

西鉄バス停長門石団地入口より歩いて3分です。

「ホームぺージを見て・・・」とお電話ください。

======================