胸1

胸焼けはみぞおち辺りの食道で胃液の逆流で起こ

ります、食道と胃との間は噴門という筋肉の門が

 

あり、そこが締まることで逆流を防ぎます。

ゲップは噴門から空気が出ることです。ゲップと

 

一緒に胃の中の物がでて、逆流が起こります。飲

みすぎ、食べ過ぎ、お腹を圧迫する姿勢などで

 

噴門は緩みやすくなり、胃液に食堂がさらされ、

胸焼けが起こります。これを繰り返していると、

 

食堂の自律神経が異常をきたし、連帯して

働いている、心臓、肺、のどの自律神経に影響を

 

及ぼし、心臓では動機、肺ではせきが出るように

なり喘息の症状があらわれます。のどはのどの違和

 

感となって現れます。予防としては食後30分は

胃液がふえて、逆流しやすくなっています。ので

 

ゲップや動き過ぎに注意して、寝る前30分は食べ

ない、睡眠中は唾液の分布が減り、唾液はアルカリ性

 

のため胃液を中和してくれます。唾液が減る副作用の

ある薬は注意する。飲み物を飲んで胃液を洗い流すな

 

どのことを注意し意識してください。

 

 

=======================

マッサージのプロも通う【からだ回復クラブ久留米 秀徳整体】

福岡県久留米市長門石2-11-34

電話 0942-32-2870

西鉄バス停長門石団地入口より歩いて3分です。

「ホームぺージを見て・・・」とお電話ください。

=======================