照明2

65歳以上の人は目が白く濁っている人が多いです。

目の水晶体は、光をそのまま通しますが、白内障が

 

進んでくると、水晶体に古くなったタンパク質が散らばり、

同じように光が当たっても、水晶体全体が光った状態になり

 

眩しく感じるようになります。

白い光を赤い光に変えると、無駄な反射が少なり、白内障

の人でも見えやすくなります。

 

人は大昔は昼間に食べ物を探し歩き、探し当てた食べ物が

 

食べれるか、毒ではないかを判断するのは日中です。

その為、日中の太陽の光のように白っぽい光の方が味に

 

敏感になり、栄養になるのか、毒になるのかを判断するには

白っぽい光のほうが良いようになってきたようです。

 

そして夕方赤っぽい光の中で昼間手に入れた食べ物を

食べているので、暗い赤っぽい光の方が唾液が出て胃の働きも

 

よくなるようです。調理の時は白っぽい光、食事の時は赤っぽい光、

寝るときは暗く赤っぽい光が良いようです。

 

 

=======================

マッサージのプロも通う【からだ回復クラブ久留米 秀徳整体】

福岡県久留米市長門石2-11-34

電話 0942-32-2870

西鉄バス停長門石団地入口より歩いて3分です。

「ホームぺージを見て・・・」とお電話ください。

=======================