小腸の長さは6m、食物の栄養を8割吸収します。

大腸の長さは15m、水分を吸収し、便をつくりながら、

 

肛門に運びます。便秘と下痢を繰り返す人は

肛門の手前の直腸に便が溜まりやすくなっています。

 

直腸に便が溜まって、排出できないでいると、後から来た便が

直腸で水分を吸収されず、逆に柔らかままになって、その為

 

便が排出されると、その後柔らかい便が出るため、それを

下痢と勘違いしてしまいます。

 

便秘の原因は運動不足、朝食抜き、不規則な食生活が

挙げられますが、特に運動不足の生活で排便に必要な

 

腹筋と肛門総括筋などの筋力が落ちて、便秘になります。

便意は便が直腸に溜まると便意を感じます。

 

長年便秘を患っていると、直腸が鈍くなってしまい、便意を

急に感じたりします。朝一杯の水を飲むと便意が出てきます、

 

他に発行食品も腸が便を作る時に手助けになります。

また歩くことで腹筋が強まります。リラックスすることも大事です。

 

握りこぶしで大腸をなぞるように、時計回りでマッサージも効果があります。

 

 

=======================

マッサージのプロも通う【からだ回復クラブ久留米 秀徳整体】

福岡県久留米市長門石2-11-34

電話 0942-32-2870

西鉄バス停長門石団地入口より歩いて3分です。

「ホームぺージを見て・・・」とお電話ください。

=======================