ヘッド1

脳は使えば使うほど酸素を必要とし血流が増加します。

人が物を考えたり記憶しようとするとき、

 

脳の中では神経細胞が活性化して情報の処理が行われています。

しかし加齢と共に神経細胞の活動が弱まっていくため

 

脳全体に情報が伝わらず、結果物忘れや物覚えの

悪さにつながります。

 

中でも重要なのが前頭葉と呼ばれる部分です。

前頭葉とは脳全体をコントロールしている司令塔のような存在です。

 

そのためこの前頭葉の機能が低下すると

脳全体の働きも悪くなってしまいます。

 

ウォーキングは脳の血管を健康にすると同時に

血流を増加させるため、脳の情報伝達が活性化します。

 

また2つの仕事を同時に行う作業をすると、注意分割機能が

働きこれを鍛えることで神経細胞の末端が太くなり、

 

前頭葉が活発化します。

また勉強や趣味など、一つの物を作り上げるのも

 

前頭葉の能力です。

また歌いながら、音楽を聞きながら料理や掃除、洗濯を

 

するのも脳の活性化に効果的です。

 

 

=======================

マッサージのプロも通う【からだ回復クラブ久留米 秀徳整体】

福岡県久留米市長門石2-11-34

電話 0942-32-2870

西鉄バス停長門石団地入口より歩いて3分です。

「ホームぺージを見て・・・」とお電話ください。

=======================