疲労6

慢性疲労は長期間で全身に倦怠感を引き起こす病です。

原因の一つが疲労の蓄積やストレスです。

 

その際、出てくるのが活性酸素という有害な形に変化した酸素です。

これは周りの細胞や組織を傷つける働きがあります。

 

細胞が傷つくと疲労原因物質”FF”と呼ばれるタンパク質が発生します。

FFが信号となり、脳の疲労中枢に伝わることで疲れたと感じてしまいます。

 

夏は5°c以下の温度差、冷たい飲みも物、42°cのお風呂、夜の暑さで目を覚ます、

などが良くないです。また紫外線が目に入るだけで疲労が出ます。

 

疲労を回復するには睡眠が非常に大事です。

足元を温めて、上半身を冷やすと、リラックスできて深く眠れます。

 

鶏の胸肉に含まれるイミダペプチドとビタミンcを摂取すると

疲労に効果があります。

 

=======================

マッサージのプロも通う【からだ回復クラブ久留米 秀徳整体】

福岡県久留米市長門石2-11-34

電話 0942-32-2870

西鉄バス停長門石団地入口より歩いて3分です。

「ホームぺージを見て・・・」とお電話ください。

=======================