難聴

加齢性難聴は個人差はありますが、60歳ぐらいから、

聞こえが悪くなり、高い音程が聞こえにくくなります。

 

音は空気の振動が外耳を通って鼓膜を動かし、

中耳で増幅され内耳の蝸牛という器官へと伝えられます。

 

蝸牛の中には無数の有毛細胞があります。

この有毛細胞はピアノの鍵盤のような役割を

 

果たし、音の高低に反応します。

高い音では手前の毛がゆれて、低い音では

 

奥の毛がゆれるということで音の振動を

電気信号に変えて脳に伝えています。

 

しかし手前の高い音を感知する有毛細胞は、

常に入ってきた音にさらされ続けています。

 

そのため手前にある高い音を感知する

有毛細胞から順に劣化が進行します。

 

ついには有毛細胞が死んでしまいます。

これが加齢による聴力の低下のメカニズムです。

 

歳を重ねると高い周波数は誰でも

聞こえなくなるのはごく自然なことです。

 

壊れた有毛細胞は元に戻ることはなく、

衰えた聴力が回復することはありません。

 

そのために加齢性難聴の進行を遅らせるために

食生活に気を遣い、十分な栄養を心がけ、騒音を

 

長時間聞かないようにして、睡眠をよく取り、耳を

休ませてください。

 

=======================

マッサージのプロも通う【からだ回復クラブ久留米 秀徳整体】

福岡県久留米市長門石2-11-34

電話 0942-32-2870

西鉄バス停長門石団地入口より歩いて3分です。

「ホームぺージを見て・・・」とお電話ください。

=======================