疲労2

 

過労死は仕事のオーバーワークとストレスが重なり、

疲れがたまっているにも関わらず過度な労働や

 

脳活動を続けることで脳卒中や急性心不全を起こして

突然死する危険があります。

 

疲れを解消するのは肉体の疲れと脳の疲れの両方の疲れを

解消する必要があります。

 

肉体の疲労を解消するのは休むことが一番です。

しかし現実には難しいので、対処療法としての

 

疲労解消法としては、薬を飲む、湿布を貼る、

科学的根拠のある栄養ドリンクを飲むなどがあります。

 

栄養補給などで一時の疲れは回復しますが、

肉体の疲労解消で重要なことは疲れにくい体作り、

疲れが溜まらない体作りをすることです。

 

脳の疲れは肉体の疲れと比べ気付きにくいため、

脳の疲れは蓄積しやすい。

 

脳の疲れは体の疲れと違って自覚できません。

脳の疲れが溜まってしまうと神経細胞の働きが鈍くなります。

 

すると脳や身体の異常を知らせる伝達物質が減少して、

疲れまたは痛みなどの危険信号を

 

感知出来なくなってしまいます。

脳の疲れを放っておくと、最悪の場合は過労死や

 

自殺といった事態を招く危険があります。

脳への情報は、視覚80%、聴覚4%、残り16%は

 

嗅覚・触覚などから入ると言われています。

脳への情報は目を閉じるだけで80%カットできます。

 

ちなみに目を閉じて音楽を聴いたり、

アロマを焚いたりするのも、視覚以外の聴覚や嗅覚を

 

活性化するので脳疲労解消に効果的です。

 

=======================

マッサージのプロも通う【からだ回復クラブ久留米 秀徳整体】

福岡県久留米市長門石2-11-34

電話 0942-32-2870

西鉄バス停長門石団地入口より歩いて3分です。

「ホームぺージを見て・・・」とお電話ください。

=======================

 

]