大声

呼吸するとき、整体は開き、声は出ませんが、

声帯を閉じて、肺から空気を出すと、声帯を揺らし

 

声が出ます。

声帯を閉じたり開いたりして、する筋肉、内喉頭筋が

 

しかりしていると、健康的な声が出ますが、

老化などで筋肉が弱ってくると、きちんと声帯が

 

閉まらなくなり、声を長く出すことが出来なくなります。

高い声が出にくい、音程が変化する、声がかすれる、

 

大きな声が出にくい、などの症状を感じたら

音声を出す筋肉が弱ってきています。

 

この症状は声の筋肉を鍛えることで解消することが

出来ます。詩吟など声の発声練習や、

 

喉を大きく開いて声を出す練習をすることが大事です。

 

=======================

マッサージのプロも通う【からだ回復クラブ久留米 秀徳整体】

福岡県久留米市長門石2-11-34

電話 0942-32-2870

西鉄バス停長門石団地入口より歩いて3分です。

「ホームぺージを見て・・・」とお電話ください。

=======================