内臓脂肪

内臓脂肪とは内臓と内臓のすき間に溜まる

脂肪のことで内臓自体につくことではなく

 

内臓脂肪は見た目や触ってわかる

皮下脂肪とは違い医療機器を使用しないと

 

その量は把握が難しくもあります。

つかわれずに体内に余った脂肪は、

 

腸間膜に一時的に保存され、消費されなければ

数時間単位で脂肪として蓄積されます。

 

動脈硬化や血栓、脳硬塞、心筋梗塞の引き金に

なってしまう内臓脂肪ですが、実は最新の研究で

 

心筋梗塞などを防ぐ超善玉物質“アディポネクチン”が

内臓脂肪で作られていることがわかってきました。

 

“アディポネクチン”は抗老化物質の効果もあり、

最新の研究では100歳を超えて元気な高齢者の

 

体内には、老化を遅らせる“アディポネクチン”が

多く存在していました。

 

また100歳を超えて元気な高齢者は、

一般の若い人に比べてアディポネクチンの量が

 

2倍も多いそうです。

脂肪細胞は脂肪を蓄積する倉庫だと

 

思われていましたが、実はアディポネクチンを作る

工場の役割も果たしています。

 

脂肪細胞は一定量の脂肪の蓄積であれば

アディポネクチンを作ってくれますが、

 

その一定量を超えると悪玉物質が発生して

高血糖・高血圧・高中性脂肪を引き起こします。

 

またアディポネクチンは内臓脂肪を肥大化させず、

小さければ小さいほど良く作られます。

 

 

=======================

マッサージのプロも通う【からだ回復クラブ久留米 秀徳整体】

福岡県久留米市長門石2-11-34

電話 0942-32-2870

西鉄バス停長門石団地入口より歩いて3分です。

「ホームぺージを見て・・・」とお電話ください。

=======================