運転1

自動車の運転は腰にとっては、負担になります。

特に長時間運転はこたえます。

 

気をつけたり、工夫したりすると、腰への負担を

軽減できます。次の点に気を使ってみてください

 

*車からの乗り降りをする時は手をついて、

できるだけゆっくりと行う

*シートに腰かけるときは、反動をつけておこなわず、

両手で腰を軽く浮かせて前を向き深く腰掛ける」

 

*特に長時間乗っていたあと降りるときは、

できるだけ腰に負担がかからないようにし、

またひねらないように注意して行う

 

*腰痛持ちの方はできるだけ長時間の運転を控える

 

*運転時間を短くしてこまめに休憩をとり

ストレッチなどで腰を伸ばす

 

*ハンドルと体の位置が離れ過ぎないようにする

ひじとひざを適度に曲げることが出来、

余裕をもって動かせる位置にする

 

*シートの背もたれは120度くらいに倒し

体重を背部でも支え腰への負担を軽くする

 

*やや硬めの腰当て(バックレスト)を使用すると

腰の前彎を維持でき負担を軽くできます

 

*座席はやや硬めの方がお尻の沈み込みが

少なく腰へに負担がへります

 

=======================

マッサージのプロも通う【からだ回復クラブ久留米 秀徳整体】

福岡県久留米市長門石2-11-34

電話 0942-32-2870

西鉄バス停長門石団地入口より歩いて3分です。

「ホームぺージを見て・・・」とお電話ください。

=======================