体操

私たちは食事をすることによって、脳や身体を動かすためのエネルギーを

得ることができます。しかし、この食事の量が多すぎると、

余分な分は体内にある脂肪細胞に運ばれ蓄積されます。

 人間の体内に存在する脂肪細胞には、

 

白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があります。

白色脂肪は全身のあらゆるところにあり、

とくに下腹部、お尻、太もも、背 中、腕の上部、内臓の回りなどに

多く存在しています。体重がそれほど多くなくても、

 

下腹部やお尻、太ももなどの太さが気になる人が多いのは、

これらの部分に白色脂肪細胞が多いためです。

 

体内に入った余分なカロリーを中性脂肪の形で蓄積する働きがあります。

一方、褐色脂肪細胞の分布場所は、

 

首の周り、脇の下、肩甲骨の周り、心臓、腎臓の周りの5カ所で、

体内に蓄積された余分なカロリーを熱に替え、

 

放出させる働きのあるありがたい細胞です。

白色脂肪細胞は、母親の体内にいる胎児の時、

 

生後一年間、思春期などにとくに増えますが、

これらの時期以外でも食べ過ぎが続くことによって増えます。

 

しかし、褐色脂肪細胞は、成長期に入ると少しずつ減り、

生まれたばかりの時に約100gあったものが、

 

成人になると40g程度に減ってしまいます。

歳を重ねるとともに身体に脂肪がつきやすくなるのは、

 

褐色脂肪細胞が減ってくることも大きな要因です。

褐色細胞を活発化させ、基礎代謝をあげることによって、

 

白色脂肪を減らす工夫が必要です。

 

 

=======================

マッサージのプロも通う【からだ回復クラブ久留米 秀徳整体】

福岡県久留米市長門石2-11-34

電話 0942-32-2870

西鉄バス停長門石団地入口より歩いて3分です。

「ホームぺージを見て・・・」とお電話ください。

=======================