姿勢2

朝起きても疲れが取れなし人は

寝た時、背骨が全部布団についていますか。

 

もしついて、いないなら、それが朝起きて疲れが

取れない原因かもしれません。

 

これは強制的に背骨を布団にくっつける方法です。

 

①背中の中央にシワが寄るように、胸を天井の方に

押し上げて、肩甲骨を中央に寄せます。

 

②シワが寄ったまま、そっと背中を布団に落とします。

 

③シワが寄ったままの状態で、そっと肘を

楽な位置に置き、足を内またにします。

(かかとの内側が布団につくようにしてください)

 

*横向きの場合は年齢とともに肩関節が固くなるので、横の寝方には

気をつけましょう。

横臥位の寝方

A)横に寝た時に、肩さきに全体重をかけて寝ていませんか。

それでは、寝ている間に肩が凝り、丸い背中になって

しまう危険性があります。

 

B)横向きに寝た時、肩さきに体重がかからないように、

下の腕を身体の前に出します。

 

C)上の腕は、下の腕の上にかぶさるように置くと、

背中が広がって気持ちいいです。

 

試してください。

 

========================

マッサージのプロも通う【からだ回復クラブ久留米 秀徳整体】

福岡県久留米市長門石2-11-34

電話 0942-32-2870

西鉄バス停長門石団地入口より歩いて3分です。

「ホームぺージを見て・・・」とお電話ください。

========================